業者が回収出来ない不用品とは?

不用品回収を業者に頼めば、大抵の物は全て回収してくれます。
しかし中には回収不可になる物も少なからずありますので、不用品回収を頼む前に確認しておきましょう。
産業廃棄物などはほぼNG
ほぼ全ての業者で断られる可能性が高いのは産業廃棄物です。
他には中身が残っているスプレー缶、薬品、引火性の物、有害性のある物などがNG対象になりやすいです。
何故なら、業者はこのような危険物を取り扱う免許(認可)を持ってない場合が大半だからです。
もし産業廃棄物などの物を捨てる場合、業者ではなく行政に頼んだ方がこれらNGの物を回収してくれるでしょう。
念のため回収品目をチェックしておこう
他に回収不可になる物と言えば、汚物や異臭のするもの。
または危険物全般や金属くず、普通の生ごみなどが挙げられます。
これらの物を捨てる方はあまり多くないですし、深く気にする必要はないかもしれません。
しかし、沢山物を捨てる場合は回収不可の物がいつの間にか混じっている可能性だってあります。
業者さんに迷惑をかけたり後で混乱しないためにも、回収品目のリストなどを作ってみると良いかもしれませんね。
業者が回収出来ないものは行政に頼もう
行政は業者が回収出来ない有害性のある物や危険物でも回収してくれます。
もしそのような物があるなら、行政に頼んで回収してもらうしか方法はありません。
と言ってもその地域によって行政のルールも違うでしょうから、回収品目は事前にしっかりと伝えておきましょう。
業者と行政、この二つのサービスをうまく使い分け、適切な不用品回収を目指して下さい。

関連する記事

アーカイブ

不用品回収
ページ上に戻る